Daily Gallery?~朝の鳥見、午後の鳥見

アカゲラ



カモシカに会いたくて下北半島に出かけた。青森と違って下北は雪が少ない。道路沿いの松にアカゲラが止まって、松ぼっくりをつついていた。(2002年2月2日 脇野沢村にて)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/31(火) 23:07:29|
  2. キツツキ目キツツキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワシカモメ



この日の天気は荒れ模様。しけた海を避け、港にカモメたちが集まっていた。黒っぽいオオセグロカモメの中で、白いワシカモメはよく目立つ。(2002年1月27日 平内町にて)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/30(月) 23:06:55|
  2. チドリ目カモメ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八甲田残照



竜飛からの帰り道、陸奥湾に赤く焼けた八甲田の山並みが浮かんでいた。この色が消えてしまう前にと、急いで車を止めて撮影。(2002年1月20日撮影)

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/29(日) 21:53:52|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竜飛



良く晴れた冬の日、竜飛崎まで出かけた。津軽海峡の向こうにくっきりと北海道が浮かぶ。(2002年1月20日撮影)

テーマ:季節の風景 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/29(日) 08:11:40|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キレンジャク



レンジャクは年によって渡来に当たり外れがある。この年の冬、ようやく願いどおりナナカマド並木にキレンジャクがやって来た。(2002年1月19日 青森市にて)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/28(土) 02:03:08|
  2. スズメ目レンジャク科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽ばたく



津軽の人々に最も親しまれている冬鳥は、やはりオオハクチョウだろう。海べりや川辺のあちこちで彼らに出会う。(2002年1月14日 青森市にて)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/27(金) 01:59:45|
  2. カモ目カモ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カモメ



「カモメ」という名前のカモメに親しみを感じたのは、青森の冬が初めてだった。津軽ではオオセグロカモメの次に見かける機会の多い種類だ。(2002年1月14日 青森市にて)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/26(木) 00:54:08|
  2. チドリ目カモメ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コクガン



冬になれば近所の港にコクガンたちが渡ってきた。吹雪く日が続いた後、珍しく穏やかに晴れた日は、彼らの表情が優しく見えたものだ。(2002年1月5日 青森市にて)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/24(火) 22:28:26|
  2. カモ目カモ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

受難



このエナガを最初に見た時は、右目を怪我しているだけだと思っていた。明らかに病んだ目をしていた。撮影した画像をチェックして気付いたのは、額に丸い突起があること。これはおそらくダニだろう。弱った小鳥に食いつき、生き血を貪る虫がいる。彼女の命もそう長くは無いに違いない。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/24(火) 02:03:57|
  2. スズメ目エナガ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古巣



すっかり葉の落ちた冬枯れの森の中で古巣を見かけた。古巣といっても鳥の巣ではない。スズメバチの巣だ。ドッヂボールよりも少し小さいこの巣は、何という種類のスズメバチのものだろう。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/22(日) 23:11:35|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タゲリ群れる



曇天の牧草地にタゲリが群れていた。せっかくのメタリックカラーがこの天気では台無しだ。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/21(土) 22:38:03|
  2. チドリ目チドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナナカマドに来たツグミ



雪国に小鳥の影は少なかったが、全くいないわけでもない。街路樹のナナカマドが熟し始めると、どこからかツグミが飛んで来た。(2002年1月5日青森市にて)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/20(金) 22:36:32|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベニヒワ



津軽の冬、小鳥たちの姿は意外に少ない。それというのも雪が深すぎるからだ。だから小鳥に会いたいときは岬に出かけることにしていた。雪は風に飛ばされ、それほど深く積もることはない。(2002年1月2日三厩村にて)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/19(木) 22:37:21|
  2. スズメ目アトリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

14年ぶりの撮影



「そのうちまたチャンスがあるだろう」などと軽く考えていたら、あっという間に14回もの冬が通り過ぎてしまった。その間にも姿をチラリと見たことは何度かあったが、遠かったり暗かったり。久しぶりにファインダー越しに見るコミミズクの顔は、思い出の中のユーモラスな表情と違って随分精悍に見えた。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/18(水) 23:25:15|
  2. フクロウ目フクロウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

川面暮色



夕暮れ時、土手から見下ろす川の中でサギが数羽集まっていた。ここで腹ごしらえをして、塒に向かうのだろう。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/17(火) 22:37:27|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪中ハチゴロウ



雪のコウノトリシリーズ、最後はやはりハチゴロウで。滝のように降る雪の中、野生コウノトリのハチゴロウはいつもの梢に静かに佇んでいた。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/16(月) 21:57:17|
  2. コウノトリ目コウノトリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10.0



人工巣塔に舞い降りる放鳥コウノトリ(J0232)。着地のポーズは10点満点。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/15(日) 22:15:17|
  2. コウノトリ目コウノトリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里に飛ぶ



雪の里を飛ぶ放鳥コウノトリ(J0232)。かつてはこのような光景が日常の出来事だったのだろうと想像する。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/14(土) 23:09:41|
  2. コウノトリ目コウノトリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラッタリング



人工巣塔の上でクラッタリングする放鳥コウノトリJ0232。この日、待てど暮らせど番の相手はこの場所には飛んで来なかった。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/13(金) 23:19:19|
  2. コウノトリ目コウノトリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツグミ



この冬、なかなか里に姿を現さなかった小鳥たちが、ようやく山から下りてきた。写真は残り柿を食べるツグミ。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/13(金) 01:38:57|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タシギ



用水路の中で餌を探していたタシギ。鳥たちは目ざとく凍っていない場所を探し出す。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/11(水) 22:07:21|
  2. チドリ目シギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

待つ



雪の日、豊岡まで出かけた。この冬は特に雪が多く、コウノトリの郷公園も厚い雪に覆われていた。飼育コウノトリのために餌が撒かれるのを、おこぼれ狙いのアオサギが、木の上で辛抱強く待ち続けていた。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/10(火) 22:24:40|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミヤコドリ



真っ赤な嘴で水中を探りながら、水辺を移動するミヤコドリ。この鳥も、各地で見かける機会が増えた一種だろう。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/09(月) 22:41:01|
  2. チドリ目ミヤコドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイゼン



四国まで南下すれば、越冬するシギ・チドリの種類はぐっと増えるらしい。砂浜をダイゼンが行ったり来たりしていた。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/09(月) 00:48:31|
  2. チドリ目チドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛来



何かに驚いて空に舞い上がった群れ。くるりと上空を旋回し、同じ場所に戻ってきた。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/07(土) 21:44:30|
  2. ツル目ツル科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナベヅル



お正月、家族旅行で四国に渡った。いつもお世話になっている地元のUさん、Fさんのご案内でナベヅル16羽と対面。出水以外の場所での初めての出会いとなった。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/06(金) 21:58:21|
  2. ツル目ツル科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャッチ!



水中に頭を突っ込んでいったズグロカモメが水面に顔を出すと、嘴には大きなカニを挟んでいた。小さなカニはその場で丸飲みにし、大きなカニは砂州まで運んで食べるようだ。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/05(木) 22:38:36|
  2. チドリ目カモメ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ズグロカモメ



干潟上空を飛びながら、カニを探すズグロカモメ。他のカモメと同じように、幼鳥の尾は先が黒く縁どられている。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/05(木) 01:16:50|
  2. チドリ目カモメ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒中水泳



冷たい水の中をスイスイ泳ぐヌートリア。こういう姿を目撃すると、なるほど、戦時中に毛皮採取のため日本に連れて来られたわけだと納得する。

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/03(火) 23:31:33|
  2. 哺乳類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミサゴ



雪の中を飛ぶ鳥3枚目。本命は写真のミサゴだった。しかし、狙っている鳥に限ってチャンスは無いもの。この日、理由ははっきりしていた。餌場の半分が凍っていたのだ。偵察に一度飛来しただけで、ミサゴは飛び去ってしまった。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/01/02(月) 07:42:50|
  2. タカ目ミサゴ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kazuma-n

Author:kazuma-n
朝が苦手な私です。ノルマを課さなきゃ起きられない。そんなわけで「午後の鳥見」脱却を目指して「朝の鳥見」ブログ開設です!・・・と勢いよくブログを作ったのに、後が続きませんでした(;;)。朝も夕も在庫の写真も、全部ここでご覧下さい。
なお、ホームページ本体はこちら!
http://www.asahi-net.or.jp/~jx7k-nkt


最近の記事

最近のコメント

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2006年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する