Daily Gallery?~朝の鳥見、午後の鳥見

逆チョウゲンボウ



もう一種類、北向きに飛んだタカをご紹介。写真の鳥はチョウゲンボウ。ここには一羽しか写っていないが、二羽で連れ立って海峡を北へ向かった。下界の観察者を眺めながら渡ってゆく。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/30(土) 07:54:19|
  2. ハヤブサ目ハヤブサ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツミ



岬を南下して行くタカを見に出かけたはずなのに、逆行して行くやつもいる。写真のツミもそうだった。彼女はどこへ向かおうとしているのだろう。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/28(木) 21:55:25|
  2. タカ目タカ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハヤブサ







渦潮の見える展望台まで、タカの渡り見物に。よく晴れた朝、岬周辺をまずグルグル周り始めたのは(たぶん)土着のハヤブサだった。成鳥と幼鳥を見かけたが、成鳥は大きさが違う2羽がいたのでおそらく雄と雌だろう。渡りの小鳥を狩るために、鋭い目を光らせ続けている。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/27(水) 22:59:33|
  2. ハヤブサ目ハヤブサ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥の名前





林道シリーズ(?)、とりあえず最終回。ホトトギスもウズラも鳥の名前のはずなのに、写真の花は同じ名前。上がヤマジノホトトギスで、下がミヤマウズラ。時間のあるときに由来を調べてみよう。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/26(火) 22:19:17|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

季節はずれ?



林道でギンリョウソウを見つけた。一箇所に沢山顔を出している。もう少し早い時期の植物だと思っていたのに意外な出会い。狂い咲きなのか、僕の勘違いなのか。

(EOS5D Nikkor500mmF4P)

*さといもさんからコメントを頂いた。これはギンリョウソウモドキ(別名アキノギンリョウソウ)という植物らしい。

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/25(月) 23:31:56|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アシグロツユムシ



伐採の跡は日が良く射すためか、草が生い茂る。その草むらを目当てに集まる虫たちもいる。写真の虫はアシグロツユムシ。スローモーに草の上を移動していた。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/24(日) 23:07:31|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キノコの生える倒木



林道脇の苔むした倒木に、キノコがびっしり生えていた。なんという種類だろうか。

(EOS5D TAMRON17-35mmF2.8-4)

* 昨夜は旅先でネット環境が悪くブログの更新ができませんでした。今宵は後ほどもう一枚アップします。

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/24(日) 20:07:17|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風一過



台風13号が通り過ぎて天気が回復。前の週に雨にたたられ歩けなかった林道を再び訪ねた。白い花が道端に咲いている。ダイモンジソウか!と近づいてみたが、どうやら違う気配。首をひねりながらとりあえず写真だけ撮った。帰宅して図鑑を調べると、どうやらヤマシロギクらしい。花びらが台風で散って、こんな姿になってしまったのだ。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/22(金) 22:00:59|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コチドリ





休耕田で餌探しをしているコチドリを観察していると、水に浸かった足の一方を少し前に出し、プルプル震わせ始めた。コサギがよくやる追い出し漁のようで、何度か繰り返すうちに首尾よく虫が浮かび上がってきて、それをパクリとついばんでいた。

(D2X Nikkor600mmF4D 下はトリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/22(金) 00:20:15|
  2. チドリ目チドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コムラサキ



今年も沢山の実をつけた庭のコムラサキが色づき始めた。昨冬は小鳥が不作で、誰にも食べられることなく朽ち果ててしまった。今年こそはと密かに期待している。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/20(水) 23:23:41|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シソ





夏の始め、お隣から分けていただき庭に植えたシソが、いつの間にやら花を咲かせていた。この小さな白い花を見るのは初めてだ。青い葉の上には、カワラヒワが割ったヒマワリの種が乗っていた。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/19(火) 23:56:57|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の訪問者





完全に枯れ果てた庭のヒマワリ。カマキリたちもいつしか姿を見せなくなった。生き物の姿が消えたこの植物の最後の訪問者はカワラヒワだった。枯れた花に止まり、種を引っ張り出す。嘴で器用に殻を割っては、黙々と中身を食べる。一体幾つ食べたろう。割れた殻がそこかしこに散らばって、すっかり満腹になった頃、鳥はキリリコロロと鳴きながら飛び立った。

(EOS5D Nikkor400mmF3.5 中間リング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/18(月) 20:16:32|
  2. スズメ目アトリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンショウクイとの出会い





偶然立ち寄った近所の公園は、これまで鳥の写真などまともに撮れたことのない、どちらかといえば相性の悪い場所だった。この日も何も撮れずに仕方なく、樹液に集まる虫を撮影していた。冷や汗を流しながらスズメバチを撮影していると、樹冠から「ピリリ、ピリリリ」という声。サンショウクイだ。まさか姿は見えないだろうと思っていたら、そのうち、見える場所を飛び交い始めた。4~5羽が飛び回る行動範囲の中心と思しき場所に移動してチャンスを待つ。とても近い場所に雄が(写真上)、遠い場所に雌が(写真下)止まってくれた。彼らの渡りのコースと、スズメバチを撮影した雑木林の偶然の交差。長い間、姿を見ることさえかなわなかった鳥だけに、出会いの喜びもひとしおだった。

(D2X Nikkor500mmF4P 下はトリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/17(日) 20:29:17|
  2. スズメ目サンショウクイ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ここにもハラビロ





気がつくと、ハラビロカマキリがコナラを登り始めていた。樹液の匂いに惹かれたわけではなかろう。きっとそれ目当てに集まる虫を狙いにきたのだ。「蝶はそっちにはいないぞ」、僕の呼びかけを無視してカマキリは上へ上へと登っていった。

(D2X SIGMA17-70mmF2.8-4.5)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/16(土) 20:59:36|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腰の引けた写真



「ブーン」と大きな羽音をたてて、樹液に集まる蝶を撮影していた僕の横をスズメバチが通り過ぎた。緊張で身体がこわばる。息を殺し、動作を緩慢にして、望遠マクロを構えなおした。凶悪な顔をしたスズメバチは、樹液を舐めながらこちらに近づいてくる。シャッターを2、3度押すと、ハチは僕の指先をかすめて飛び立った。わきの下からどっと汗が流れた。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/16(土) 00:08:59|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルリタテハ





雑木林から子供の頃嗅いだ、懐かしい香りが漂っている。近づくと、コナラの樹皮から染み出した樹液に虫たちが集まっていた。その中に、木肌とそっくりな模様の羽を持つ蝶がいた。時折、羽を開くと目の覚めるような青い模様が浮かび上がる。ルリタテハだ。「ルリタテハ」。この蝶の名前を口にするのは大人になって初めてかも知れない。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8(上)、D2X SIGMA17-70mmF2.8-4.5(下))

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/15(金) 00:04:41|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハギの花咲く



公園の遊歩道に咲いていたハギの花。既に小さな鞘をつけている。知らぬ間に季節は秋に移っていたらしい。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/14(木) 01:52:42|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さなトンボ



畦道を歩いていると、何か小さなモノが空中に浮いているのが見えた。それが足元の草にフワリと取り付く。よく見るとイトトンボだ。小指の先ほどの大きさしかない。立ち止まらなければ見落としてしまう命がきっと沢山あるのだと思った。(写真のトンボはアジアイトトンボだろうか?調べてみたけれどよく分からなかった。)

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/12(火) 22:23:20|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コバネイナゴ



近づけそうな鳥がいなくて、早々と写真は諦め、田んぼの縁を歩いてみることにした。畦の草むらからカエルやバッタが慌てたようにピョンコピョンコ跳ねて飛び出す。こういうやつらを狙ってアマサギやチュウサギが秋の田に集まるのだなと納得した。稲穂に止まってじっとしているコバネイナゴは、何事もありませんようにと祈るような気持ちで気配を殺している。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)
  1. 2006/09/12(火) 00:12:56|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雄のオオカマキリ登場





いよいよ枯れて、朽ち始めたヒマワリに雄のオオカマキリがやって来た。彼の登場に合わせたように、庭からハラビロカマキリたちが姿を消した。もしかすると、食べられてしまったのかもしれない。ボロボロのヒマワリは、そろそろ刈り取らなければみっともないのだが、あと一種、撮りたいヤツがいる。もう少しだけ様子をみよう。

(D2X SIGMA17-70mmF2.8-4.5(上)、EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/10(日) 22:37:16|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エリマキシギ





惨敗に終わった四国遠征の帰り道、香川の干拓地に寄ってみた。エリマキシギが2羽いるという話。鳥のいる場所はすぐに分かったが、お目当ての鳥は1羽しかいなかった。車の中から観察していると、少しずつこちらに近寄ってくる。一度だけ首の羽毛をブワッと膨らませてくれた。夏羽ならさぞかし立派な襟巻きに見えるのだろうが、この季節ではせいぜいトックリのセーターくらいにしか見えない。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/09(土) 21:59:33|
  2. チドリ目シギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残暑





群れを作り始めたムクドリが、休耕田で餌探しをしている。嘴はだらしなく開けっ放し。残暑はまだ厳しい。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/09(土) 01:10:24|
  2. スズメ目ムクドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩夏のアマサギ(その2)





稲穂の黄金色は夕暮れ時にその輝きを増す。草刈の終わった畦でくつろぐアマサギたち。大きな欠伸を一つして、餌となるバッタを探し始めた。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/07(木) 23:30:40|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩夏のアマサギ





秋の田に群れるアマサギたち。中にはチュウサギも混じっている。亜麻色の夏羽を残す鳥は殆どいなくなった。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/07(木) 00:37:01|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽化





枯れたヒマワリの花で、ハラビロカマキリが成虫になった。羽が生え、お腹を持ち上げた独特のスタイルを見ることができなくなったのは寂しいが、こうして無事大人になった虫を見ると、ひと夏観察し続けただけあって、素直に嬉しい。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8 (上)、D2X MicroNikkor105mmF2.8(下))

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/05(火) 23:05:06|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隠れたつもり



昨年は常駐していたのに、今年は我が家のヒマワリには不定期にやってくるオオカマキリ。とうとう彼女も成虫となった。茎にぴったり張り付くようにとまって、隠れたつもりになっている。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/05(火) 01:12:22|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休憩中



この季節、近所の田んぼに一番沢山いる鳥はアマサギ。農道を占拠して、思い思いに羽を繕う。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/03(日) 23:40:42|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

万歳!



飛び立つ前のコチドリ。翼を上にグッと伸ばす姿を見ると、こんなに長かったのだといつも驚く。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/02(土) 19:24:57|
  2. チドリ目チドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横っ飛び



近所の田んぼで見かけるシギやチドリの仲間は限られていて、ケリ、コチドリ、クサシギ、タマシギくらい。他の種類に会いたいと思うことも多いが、写真のケリのように、今まで見たことがなかった表情を見せてくれた日には、種類数はあまり問題ではないなあとも思う。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/02(土) 08:26:50|
  2. チドリ目チドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タマシギ



夏の終りが近づくと、稲穂が頭を垂れ始めた田んぼにタマシギが姿を現すようになる。今年は、雄親と幼鳥1羽を発見した。他に3~4羽はいたであろう兄弟は、何らかの理由で生き延びることができなかったに違いない。

(EOS5D Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/09/01(金) 00:59:30|
  2. チドリ目タマシギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kazuma-n

Author:kazuma-n
朝が苦手な私です。ノルマを課さなきゃ起きられない。そんなわけで「午後の鳥見」脱却を目指して「朝の鳥見」ブログ開設です!・・・と勢いよくブログを作ったのに、後が続きませんでした(;;)。朝も夕も在庫の写真も、全部ここでご覧下さい。
なお、ホームページ本体はこちら!
http://www.asahi-net.or.jp/~jx7k-nkt


最近の記事

最近のコメント

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2006年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する