Daily Gallery?~朝の鳥見、午後の鳥見

雑木林



雑木林の紅葉は、眺めているだけで穏やかな気持ちになる。散った葉が林床に積もり、朽ち、栄養になって、再び新しい葉に生まれ変わる、そんなゆったりとした時間の流れを感じる。

(D2X Nikkor70-200mmF2.8G)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/30(木) 01:26:02|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオバン





オオバンは意外なことによく潜る。カワウやカイツブリに負けず劣らず、頭から勢いよく、ずどんと潜る。ただ、水面に出てきた彼の嘴には、魚ではなく水草がくわえられている。

(D2X Nikkor600mmF4D 上はトリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/29(水) 01:14:03|
  2. ツル目クイナ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオサギ



アオサギの着地の瞬間。もう少し翼を開いてくれていた方が良かったか。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/28(火) 00:22:35|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里の秋(その2)



こうして写真にして見ると、三田周辺の山々は落葉広葉樹がとても多いことが分かる。どこをどう切り取っても、同じような写真が出来上がる。

(D2X Nikkor70-200mmF2.8G)

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/26(日) 23:10:24|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里の秋



里の雑木林が紅葉し始めた。紅葉といっても赤くはならず、ある一日オレンジ色に輝いたかと思うと、次の日から茶色にくすんでしまう。

(D2X Nikkor70-200mmF2.8G)

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/26(日) 09:04:25|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木枯らし吹いて



木枯らし吹いて、木々の葉が随分落ちた。シジュウカラがジュクジュク鳴きながら枝から枝へと渡ってゆく。小鳥を観察するのにいい季節になってきた。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/24(金) 23:26:05|
  2. スズメ目シジュウカラ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎮座



昨日の写真と同じノスリ。大きな電柱に鎮座する姿を正面から見ると、まるでダルマのようだ。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/23(木) 22:24:42|
  2. タカ目タカ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電線に



線路沿いの電線にノスリが一羽止まっていた。首をキョロキョロ動かしながら、一所懸命、獲物を探している。まだ若い個体らしい。この秋は暖かい日が続いているから、もうしばらく虫が動いているだろう。ということは、この若いノスリもしばらくここに滞在してくれるに違いない。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/22(水) 22:41:59|
  2. タカ目タカ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セグロセキレイ



せっかく鳥の視線の高さで向き合ったのに、相手がこうも警戒してはどうしようもない。数枚撮る間睨み合っていたが、結局、飛び去るまで自然な表情を見せてくれることはなかった。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/21(火) 22:27:41|
  2. スズメ目セキレイ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雄は・・・



雄のホオジロは、秋のこの時期も「一筆啓上仕り候」と鳴いている。競り合うように一瞬聞こえた囀りはアオジではなかったかと思うのだが、自信がない。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/21(火) 00:07:12|
  2. スズメ目ホオジロ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホオジロ



ススキに止まる雌のホオジロ。この冬は北国から渡ってくる小鳥たちの数が多い気がする。地元のホオジロ達は、餌の確保に戦々恐々としているのかも知れない。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/19(日) 21:56:25|
  2. スズメ目ホオジロ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0





(今年は柿が沢山実っているなあ、熟す頃には鳥が集まるかもしれない・・・)などと考えながら上の写真を撮影したのが先週末。今週になると、別の木にもうツグミがやって来ていた。ツグミがつつくにはまだ固いだろうから、カラスか誰か他の動物の齧り跡を見つけたのかも知れない。

(EOS5D Nikkor600mmF4D(上)、D2X Nikkor600mmF4D トリミング(下))

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/18(土) 23:28:17|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遠来の客





オオハクチョウは数が少ない鳥ではないが、まさかわが町まで飛んできてくれるとは思いもよらなかった。青森暮らしの頃、雪が降るまでの間は田んぼに塩でも振ったように散らばって落穂を拾い、雪が積もると海岸線に移動して河口や海にプカプカ浮かぶ、そんなハクチョウの姿を見かけるのが日常だった。久しぶりに再会した白い鳥はたった一羽での登場だったけれど、北国の澄んだ空気を一緒に運んできてくれたような、そんな清々しい出会いだった。

(D2X Nikkor300mmF2.8D(上)、Nikkor600mmF4D(下))

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/17(金) 21:58:26|
  2. カモ目カモ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

水鏡



夕暮れの川面に浮かぶオオハクチョウ。水鏡に映る我が姿を見て何を想うか。

(D2X Nikkor300mmF2.8D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/16(木) 22:19:39|
  2. カモ目カモ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0



雨がぱらつく中、車を走らせていると、虹が目に入った。撮影できそうな場所に急ぎ、車を止める。カメラを準備し終わると、日が翳り、虹は消えてしまった。ため息をついてボンヤリしていると、再び雲の隙間から日が射した。数分前と同じ場所に再び虹が現れた。

(D2X Nikkor70-200mmF2.8G)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/15(水) 21:44:10|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオカマキリの死



庭の片隅で雌のオオカマキリが息絶えていた。お腹はペッチャンコにへこんでいる。どこかで卵を産んだに違いない。早速、アリやナメクジが寄って来た。骸は食われ、雨に打たれ、土に還ってゆく。

(EOS5D SIGMA15mmF2.8)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/14(火) 22:01:12|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝露



霜の降りる日が多くなってきた。写真の朝露は1週間前に撮影したもの。今度、同じような写真を撮ろうと思ったら、日が昇り、霜が融けるまで待たなくてはならない。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/13(月) 21:56:52|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モズ鳴く



紅葉が進み、モズが鳴く。深まる秋の里の一コマ。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/12(日) 23:48:46|
  2. スズメ目モズ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョウビタキ



家の近所にも今年はジョウビタキが沢山来ている。庭のコムラサキに来てくれないかと待ち構えているのだが、何が気に入らないのか一向に寄り付かぬまま、今年も紫の小さな実が朽ち始めてしまった。写真の雌は住宅街ではなく、河川敷で撮影したもの。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)
  1. 2006/11/11(土) 22:57:27|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カモ到着



いつの間にやら近所のダム湖にカモが沢山浮かぶ季節になっていた。朝もやの中、ヒドリガモが羽ばたく。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/10(金) 21:56:55|
  2. カモ目カモ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝のシジュウカラ



明け方、深い霧に包まれる季節になった。水滴をまとったクモの巣の下で、シジュウカラが翼の水分をぬぐうかのように羽を繕う。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/09(木) 23:07:14|
  2. スズメ目シジュウカラ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紅い蔦



里でも紅葉が始まった。杉の幹を這う蔦が紅く染まる。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/09(木) 00:03:23|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョロウグモ



深まる秋の里山で、ジョロウグモがまだ大きな網を張っている。蛾の羽が引っかかっているところをみると、獲物には困っていないようだ。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/07(火) 23:12:56|
  2. その他の虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドングリころころ





雑木林を散策すると、ドングリが沢山落ちている。コナラだろうか。3歳の娘と一緒に、できるだけきれいなのを拾い集めた。庭に植えて、一本でも二本でも育てば楽しいに違いない。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8)

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/07(火) 00:42:36|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隔世





日本列島を模った昆陽池の中州はいまやカワウに占拠されている。木々は彼らの糞を浴びて枯れ、サギたちは片隅に追いやられている。

(D2X Nikkor600mmF4D)





この2枚の写真はかつての昆陽池。塒入りするサギたちで中州は白くなった。撮影年月日は、上が1988年12月6日、下が1990年10月27日。この頃、カワウを昆陽池で見ることは滅多に無かった。

(F3HP Tokina300mmF2.8 RDP(上)、F3HP Nikkor500mmF4P KR(下))

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/05(日) 22:32:41|
  2. カツオドリ目ウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コサギ



かつて昆陽池の中州はサギたちの塒だった。夕暮れ時、あちこちの水辺からサギたちが塒に帰って来る。夕闇迫る頃、中州の木々はサギたちの姿で真っ白になった。写真のコサギは数少ない昆陽池居残り組。明日は今の中州の状況をご紹介しよう。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/04(土) 20:32:51|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

着水・水浴び・水飲み







鳥の数が多い場所では、短時間(この日、鳥を見ていた時間は2時間足らずだった)でも様々な行動を観察することができる。写真は上からカワウの着水、水浴び、水飲みの瞬間。3枚目の水飲み行動には正直驚いた。首をギューッと下に伸ばし、嘴を開きっぱなしにして水面ギリギリを飛ぶ。下嘴の先を水に浸したまま、水面を切るようにしてしばらく飛ぶと、嘴を閉じて、着水することなく上昇した。ツバメでは時々観察する水の飲み方だが、カワウで見たのは初めてだった。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/04(土) 06:11:38|
  2. カツオドリ目ウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

主役





昆陽池の主役は今やカワウ。かつて夕暮れ時にはサギたちで白くなった中州の木々は、カワウたちの糞で白く染まり、その白い枝に真っ黒な鳥が鈴なりになっている。飛ぶ姿、泳ぐ姿、一羽一羽を眺めている分には、何の問題もないのだけれど。

(D2X Nikkor600mmF4D)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/02(木) 23:10:16|
  2. カツオドリ目ウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンクロハジロ



カモの仲間は水浴びをした後、必ず羽ばたいて水を切る。したがって、水浴びをしている鳥にピントを合わせて待っていれば、羽ばたく瞬間を撮ること自体は難しくない。ただ、写真に写る翼の形は、よほどタイミングが合わないと納得のいくものにはならない。秒間8コマに切り替えて、キンクロハジロの羽ばたきを何枚も連写したけれど、結局「これは!」というものが残らなかった。

(D2X Nikkor600mmF4D クロップ)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2006/11/01(水) 21:56:25|
  2. カモ目カモ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kazuma-n

Author:kazuma-n
朝が苦手な私です。ノルマを課さなきゃ起きられない。そんなわけで「午後の鳥見」脱却を目指して「朝の鳥見」ブログ開設です!・・・と勢いよくブログを作ったのに、後が続きませんでした(;;)。朝も夕も在庫の写真も、全部ここでご覧下さい。
なお、ホームページ本体はこちら!
http://www.asahi-net.or.jp/~jx7k-nkt


最近の記事

最近のコメント

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2006年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する