Daily Gallery?~朝の鳥見、午後の鳥見

羽繕い



小雨降る中、ケリが畦に佇んでいる。嘴を器用に使って、丁寧に羽を繕う。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2007年4月22日)
  1. 2007/04/30(月) 22:00:00|
  2. チドリ目チドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒバリ囀る



近所の住宅分譲地に家が建って残念だったのは、ヒバリやキジに会えなくなったこと。去年の春、彼らを撮影した場所には真新しい家が整然と建ち並んでいる。新興住宅地の変化は激しい。生き物もそれに合わせてめまぐるしく入れ替わる。(写真のヒバリは田んぼで撮影したもの。結局、住宅分譲地は、彼らにとって束の間のオアシスに過ぎない。)

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2007年4月22日)
  1. 2007/04/29(日) 22:00:00|
  2. スズメ目ヒバリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チュウサギ到着





ノビタキに会った次の日、今度はチュウサギの群れに出会った。この辺では夏鳥のチュウサギ。上の写真の個体は婚姻色が出て、目が真っ赤。かたや下の写真はそうでもない。モンシロチョウがじっとしているサギに止まろうと近寄って来た。

(D2X Nikkor600mmF4D 下はトリミング 撮影:2007年4月22日)
  1. 2007/04/28(土) 22:00:00|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく再会



この春はもう会えないかと思っていた夏羽のノビタキ。この日、世間様に遅れること約2週間、ようやくいつもの田んぼで出会うことができた。

(D2X Nikkor600mmF4D 撮影:2007年4月21日)
  1. 2007/04/27(金) 22:00:00|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コチドリ



家の近くで観察できる数少ないシギチの一種・コチドリ。砂利道で巣を構える場所でも探していたのだろうか。轍の目立つこの農道はちょっと危ない。

(EOS5D EF300mmF4L/IS+EF1.4XⅡ トリミング 撮影:2007年4月21日)
  1. 2007/04/26(木) 22:00:00|
  2. チドリ目チドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蜘蛛探し



仮設の塀の上をシジュウカラがウロウロしていた。何をしているのだろうかと近づいて見ると、塀のへこみに作られた蜘蛛の巣の中からその住人を引っ張り出している。この時ばかりは、蜘蛛が少し哀れに思えた。

(EOS5D EF300mmF4L/IS+EF1.4XⅡ 撮影:2007年4月19日)
  1. 2007/04/25(水) 22:00:00|
  2. スズメ目シジュウカラ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巣材集め?



朝の散歩2日目。この日も前日と変わらず、夏鳥はさっぱり。アカハラの姿をチラリと見ただけだった。写真はハシブトガラス。街路樹に巻いた麻か何かをムシリムシリとちぎっていた。巣材にするつもりだろうか。

(EOS5D EF300mmF4L/IS+EF1.4XⅡ 撮影:2007年4月19日)
  1. 2007/04/24(火) 22:00:00|
  2. スズメ目カラス科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロハラ



始発のバスに乗って出かければ、出勤前の小一時間、散歩する時間があることに気がついた。折りしも渡りの季節だ。思い立ったが吉日、実行に移す。この日、夏鳥はヤブサメの声が聞こえたくらい。シロハラとアオジの姿が目立つ朝だった。

(EOS5D EF300mmF4L/IS+EF1.4XⅡ トリミング 撮影:2007年4月18日)
  1. 2007/04/23(月) 22:00:00|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツクシの力



野焼きの後の畦道にツクシが沢山生えていた。こんなに焼けているのにどうしてツクシだけ残っているのだろうと不思議に思い、近寄ってみる。頭のてっぺんだけ黒く焦げたツクシを見て、自分の早とちりに気がついた。彼らは焼け残ったわけではない。まだ、地上に這い出てくる前、地中にいる間に頭だけ焼かれたのだ。その後、ニョキニョキと茎(?)を伸ばし、焼け野原に姿を現した。ツクシの生きる力を見せつけられた出来事だった。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8 撮影:2007年4月15日)
  1. 2007/04/22(日) 22:00:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センダイムシクイ到着



センダイムシクイが餌を探しながら枝から枝へと伝っていく。渡りで体力を消耗しているのか、殆ど囀ることはない。今は黙々とエネルギーの補給に余念が無い。

(D2X Nikkor500mmF4P トリミング 撮影:2007年4月15日)
  1. 2007/04/21(土) 22:00:00|
  2. スズメ目ムシクイ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマガラ



新緑の雑木林をヤマガラがせわしなく飛んでいた。芽吹きの枝にちょこんと止まる。

(D2X Nikkor500mmF4P トリミング 撮影:2007年4月15日)
  1. 2007/04/20(金) 22:00:00|
  2. スズメ目シジュウカラ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カケス



「キョー、キョー」と、何だか変な声が聞こえた。鳴き声の方角を見ていると、ヒョッコリ飛び出したのはカケス。何かの鳴き真似をしていたのだろうか。

(D2X Nikkor500mmF4P トリミング 撮影:2007年4月15日)
  1. 2007/04/19(木) 22:00:00|
  2. スズメ目カラス科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショウジョウバカマ



久しぶりに林道へ。芽吹きの季節、夏鳥たちの渡来も楽しみだが、林床の野花との出会いも楽しみの一つ。耳で囀りを聞きながら、目は林冠から林床までキョロキョロと忙しい。シュンランは見つけられなかったが、予想通り、ショウジョウバカマが花を咲かせていた。こうしてクローズアップにしてみると、花なのか何なのか分からない不思議な形をしている。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8 撮影:2007年4月15日)
  1. 2007/04/18(水) 22:00:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンの争い





縄張り争いと言っても、この池で見かけるのは喧嘩のシーンではなくて、一方的展開で追うバンと追われるバンの姿だけ。力関係がはっきりし過ぎているのだろうか。

(D2X Nikkor300mmF2.8D+TC17E トリミング 撮影:2007年4月14日)
  1. 2007/04/17(火) 22:00:00|
  2. ツル目クイナ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニッポンヒゲナガハナバチ



名前も長いが、その名の示すとおりヒゲも長い、ニッポンヒゲナガハナバチ。ヒメオドリコソウやセイヨウタンポポの花から花へと飛び交っていた。

(D2X MicroNikkor105mmF2.8 トリミング 撮影:2007年4月14日)
  1. 2007/04/16(月) 22:00:00|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜にメジロ





小雨が降り続く中、せめてメジロの姿だけでもと、近くに来るのを待ち続けた。2時間後、「チー」と鳴きながら、ようやく目の前の花に止まってくれた。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2007年4月7日)
  1. 2007/04/15(日) 22:00:00|
  2. スズメ目メジロ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜にヒヨドリ





お花見はあいにくの雨だった。満開の桜を訪れる人も鳥も少ない。ヒヨドリたちが花をほぼ独占していた。

(EOS5D EF300mmF4IS+EF1.4XⅡ トリミング 撮影:2007年4月7日)

  1. 2007/04/14(土) 22:00:00|
  2. スズメ目ヒヨドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

番い





雌のキジはどうしてこう地味なのだろう。並ぶと雄との対照が際立つ。

(D2X Nikkor600mmF4D 上はトリミング 撮影:2007年4月7日)
  1. 2007/04/13(金) 22:00:00|
  2. キジ目キジ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

主役登場





近所の田んぼの春の主役は、やっぱりキジ。冬の間、河川敷の藪の中でひっそり暮らしていた彼らは、春になると表に出てくるようになる。畦に赤い顔が見えると、春が来たなあと実感する。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2007年4月7日)
  1. 2007/04/12(木) 22:00:00|
  2. キジ目キジ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タヒバリ



昨日のツグミと同じような構図だが、こちらはタヒバリ。彼らも北へ渡って行く。

(D2X Nikkor600mmF4D 撮影:2007年4月7日)
  1. 2007/04/11(水) 22:00:00|
  2. スズメ目セキレイ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツグミ





春の田に渡りのツグミが集まり始めた。花が咲き、虫が這い出すこの時期に、田から田を伝うように渡って行くのだろうか。

(D2X Nikkor600mmF4D 上はトリミング 撮影:2007年4月7日)
  1. 2007/04/10(火) 22:00:00|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花咲く春





春爛漫。里は今が花盛り。菜の花の黄、ホトケノザの紫がまばゆい。

(EOS5D EF300mmF4IS+EF1.4XⅡ撮影:2007年4月7日)

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/09(月) 22:37:12|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

風に負けて





この日の逆風は半端ではなかった。岬の展望台に立っていると、吹き飛ばされそうになるほどの北風。とうとうノスリたちが押し返されて南に戻り始める。この日、もう渡るタカはいなかった。

(D2X Nikkor600mmF4D 下はトリミング 撮影:2007年3月31日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/08(日) 22:59:44|
  2. タカ目タカ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡る







北からの強い風に逆らってサシバが飛ぶ。渡りのコンディションとして、決して良いとは言えない条件の下、ライバルよりも早く繁殖地に到着したい、そんな気持ちが彼らを突き動かしているのだろう。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2007年3月31日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/08(日) 07:49:33|
  2. タカ目タカ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜咲く



暖冬の影響で今年の桜は早い。ソメイヨシノの豪華な咲きっぷりも良いけれど、山肌を淡く染める山桜の味わいも捨てがたい。

(EOS5D EF300mmF4IS+EF1.4XⅡ トリミング 撮影:2007年3月31日)
  1. 2007/04/06(金) 22:00:00|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオバン





この池では少数派のオオバン。見かけるのは大抵この一羽だけだ。オオバンの縄張り争いのシーンを観察したいと思いながら、ここでは望み薄。辛うじて、水浴びの後、羽ばたく姿は見せてくれた。

(D2X Nikkor300mmF2.8D+TC17E 下はトリミング)
  1. 2007/04/05(木) 22:00:00|
  2. ツル目クイナ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旅立ち



近所の池に水鳥たちの様子を見に行った。カモはめっきり数を減らし、ヒドリガモがポツリポツリと浮いているだけ。水際をヒラヒラ飛んでいたのは雄のジョウビタキ。暖かくなって、虫が飛び始めたのだろう。水際と葦原を行ったり来たりしている。冬鳥たちが北へ帰る季節、彼の姿も今シーズンはこれで見納めに違いない。

(D2X Nikkor300mmF2.8D+TC17E 撮影:2007年3月21日)
  1. 2007/04/04(水) 22:00:00|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

器用な鳥(ヒガラ)



吹けば飛ぶような小さなヒガラ。細い枝先に器用にぶら下がって採餌中。小さく羽ばたきバランスをとる。

(D2X Nikkor500mmF4P トリミング 撮影:2007年3月18日)
  1. 2007/04/03(火) 22:00:00|
  2. スズメ目シジュウカラ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名残雪





この日見た雪が今シーズン最後の雪となった。この冬、出会う機会は多かったのになかなかシャッターを押すことの出来なかった雄のウソにようやくカメラを向ける。満開の梅にも雪は良く似合う。

(D2X Nikkor500mmF4P 撮影:2007年3月18日)
  1. 2007/04/02(月) 22:00:00|
  2. スズメ目アトリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六甲にて





北海道遠征の翌週、冬の小鳥たちの見納めに六甲へ。まだまだ冬色の風景にマンサクの黄がまぶしい。雌のジョウビタキが一羽、桜の横枝に止まって羽を休めていた。

(D2X Nikkor500mmF4P 撮影:2007年3月18日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/04/01(日) 22:10:39|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kazuma-n

Author:kazuma-n
朝が苦手な私です。ノルマを課さなきゃ起きられない。そんなわけで「午後の鳥見」脱却を目指して「朝の鳥見」ブログ開設です!・・・と勢いよくブログを作ったのに、後が続きませんでした(;;)。朝も夕も在庫の写真も、全部ここでご覧下さい。
なお、ホームページ本体はこちら!
http://www.asahi-net.or.jp/~jx7k-nkt


最近の記事

最近のコメント

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2007年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する