Daily Gallery?~朝の鳥見、午後の鳥見

あくび



アマサギのあくびは何度か目撃し、撮影もしたが、いつ撮っても瞬膜を閉じた怖い顔に写ってしまう。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2007年5月20日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/31(木) 22:00:00|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰って来たアマサギ



ゴールデンウイークに通過したと思っていたアマサギが近所の田んぼに帰って来た(と思ってはいるが、別の群れの可能性もある)。彼らが戻ってきたのは、田んぼに水が入るのとほぼ同時。餌場の状況をよく観察しているものだと感心する。最後まで残っていたレンゲ畑に群れが降りてくれたのは幸運だった。

(D2X Nikkor600mmF4D 撮影:2007年5月20日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/30(水) 22:00:00|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マムシグサ



杉林のある林道に今年も通い始めた。去年は気付かなかったが、この林にはマムシグサが沢山生えている。

(EOS5D TAMRON17-35mmF2.8-4 撮影:2007年5月20日)

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/05/29(火) 22:00:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エゴノキ



裏庭のエゴノキが白い花を咲かせている。木の枝は隣家との境を悠々と乗り越えて、花が散れば、迷惑をかけるのが目に見えている。前の住人は何を考えてこの場所にこの木を植えたのだろうか。3メートルほどの高さに育ってしまった今となっては、移植もできやしない。せいぜい枝を刈り込むくらいしか打つ手がない。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8 撮影:2007年5月19日)

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2007/05/28(月) 22:00:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見納め





写真のキジは2枚とも同じ個体。上の写真は土手の草を焼いた跡をバックに、下の写真は綺麗に草刈をした畦を舞台に。近所の田では一番よく見かけた彼だったが、田植えが始まれば、どこかに姿をくらますのが例年のキジたちの行動。今年は彼のホロ打ちもこれで見納めだろう。

(D2X Nikkor600mmF4D 撮影:2007年5月13,19日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/05/27(日) 22:00:00|
  2. キジ目キジ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残りレンゲ



残り少ないレンゲの中をキジが歩いていた。定番とも言える、満開のレンゲの中のこの鳥を、今年も撮り損ねた。

(D2X Nikkor600mmF4D 撮影:2007年5月13日)
  1. 2007/05/26(土) 22:00:00|
  2. キジ目キジ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

乾いた草を



今年こそツバメの巣材集めのちゃんとした写真を残したいと思っていたら、この日、乾いた田んぼで枯草をくわえているツバメに出会った。泥集めをしているシーンしかイメージになかったので、なかなか新鮮な出来事だった。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2007年5月13日)
  1. 2007/05/25(金) 22:00:00|
  2. スズメ目ツバメ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カタバミ



庭に生える草の中で、一番のお気に入りはカタバミ。小さな黄色い花も、はじける種もかわいらしいが、それよりも何よりも、この草がヤマトシジミの食草というところが嬉しい。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8 撮影:2007年5月13日)
  1. 2007/05/24(木) 22:00:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直接頭掻き



この春、本当はホロ打ちだけでなく、キジのもっと色々な生態を撮影できたらと思っていた。でも、結局他に生態的に意味のあるカットはこれしか撮れなかった。ポリポリと頭を掻く姿。キジは足でストレートに頭を掻く、直接頭掻きの鳥だった。

(EOS5D Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2007年5月12日)
  1. 2007/05/23(水) 22:00:00|
  2. キジ目キジ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

翼の形





まだ草刈が済んでいない土手の上で、キジがホロ打ちを始めた。「ケン、ケーン!」バタバタバタ・・・。いつもは秒間5コマのシャッターが切れるD2Xで撮影しているのだが、この日は雨上がりで薄暗く、高感度に強い5Dを持ち出した。このカメラは秒間3コマしかシャッターが切れない。それでも写真に捉えた翼の形は、これまで撮影したホロ打ちの中では最高に決まっていた。

(EOS5D Nikkor500mmF4P+TC14BS トリミング 撮影:2007年5月6日)
  1. 2007/05/22(火) 22:00:00|
  2. キジ目キジ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムクドリだって・・・





畦で虫を探すムクドリのカップル。時折立ち止まって、「キュルルル」と鳴く。そう、ムクドリだって、春になれば囀る。

(EOS5D Nikkor500mmF4P+TC14BS 撮影:2007年5月6日)
  1. 2007/05/21(月) 22:00:00|
  2. スズメ目ムクドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キジ、鳴くか鳴かぬか





キジのホロ打ちを何度も見ていると、表情で鳴くか鳴かぬか分かるようになってきた。頭をすっともたげて、遠くを見るような目。全身の羽毛に緊張が走った瞬間、一声「ケン!」、天を仰いで大きく「ケーン!」。後は翼をバタバタと羽ばたき、羽毛をブウッと膨らせる。上の写真と下の写真は別キジ。下の鳥はこの後、鳴くものとばかり思っていたら、人の気配に驚いて藪に引っ込んでしまった。

(D2X Nikkor600mmF4D 上はクロップ・トリミング 撮影:2007年5月4,5日)
  1. 2007/05/20(日) 22:00:00|
  2. キジ目キジ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エナガの幼鳥



エナガの繁殖は早い。ゴールデンウイークには幼鳥を連れた家族の群れを見かける。写真は幼鳥。まぶたが赤いのが分かるだろうか。

(D2X Nikkor500mmF4P トリミング 撮影:2007年5月5日)
  1. 2007/05/19(土) 22:00:00|
  2. スズメ目エナガ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑深まる



雑木林から見える空がどんどん小さくなってゆく。それぞれの木々が少しでも多く日の光を受け止めようと、枝を伸ばし、葉を広げるのだ。今ではもう、明るかった林床がすっかり影になっている。

(D2X Nikkor10.5mmF2.8 撮影:2007年5月4日)
  1. 2007/05/18(金) 22:00:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キビタキ囀る



声はすれどもなかなか姿を見ることができない夏の小鳥たち。春先、渡ってきたばかりの芽吹きの林が観察のチャンス。この春、ようやくキビタキの姿をはっきり捉えることができた。黄色い腰を膨らませながら囀る得意のポーズ。

(D2X Nikkor500mmF4P トリミング 撮影:2007年5月4日)
  1. 2007/05/17(木) 22:00:00|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワラヒワ





レンゲ畑から聞こえる、「キリリ、コロロ」という小さな声。カワラヒワはレンゲと一緒に生えているスズメノテッポウが大の好物だ。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2007年4月30日)
  1. 2007/05/16(水) 22:00:00|
  2. スズメ目アトリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キジのホロ打ち













「ケン、ケーン!」バタバタバタ・・・。文字にすれば、キジのホロ打ちはこんな感じ。上2枚は背中から、下4枚は横向きのカット。この写真を撮って気付いたのは、バタバタの羽ばたきが結構力強いこと。特に2枚目を見て欲しい。羽ばたきが強すぎるのか、右足が浮いている。

(D2X Nikkor600mmF4D 撮影:2007年4月30日)
  1. 2007/05/15(火) 22:00:00|
  2. キジ目キジ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤブレガサ



去年と同じ場所でヤブレガサが大きく傘を開いていた。魚眼レンズとアングルファインダーを装着して、虫の目の高さで世界を見てみる。

(D2X Nikkor10.5mmF2.8 撮影:2007年4月30日)
  1. 2007/05/14(月) 22:00:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

君の名は6



林道のど真ん中に並べたように落ちていた茶色っぽい羽毛。ここで一体何があったのか。そしてこの羽の落とし主は誰なのか?

[君の名は6]の続きを読む
  1. 2007/05/13(日) 22:00:00|
  2. キジ目キジ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ダイサギ



新緑の里をダイサギが行く。目元は青く、婚姻色に彩られている。

(D2X Nikkor600mmF4D 撮影:2007年4月29日)
  1. 2007/05/12(土) 22:00:00|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡りのコサギ?





コサギも渡りをするのだろうか?近所の田でコサギを見ることは殆どない。それがこの日、トラクターで耕している最中の田で三羽のコサギを見つけた。どの鳥も嘴や足が泥で汚れている。

(D2X Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2007年4月29日)
  1. 2007/05/11(金) 22:00:00|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝にチュウサギ、夕にチュウサギ





朝、レンゲ畑に降りたチュウサギも、夕刻、耕したばかりの田に佇むチュウサギも、どちらも負けず劣らず魅力的だった。

(D2X Nikkor600mmF4D 下はトリミング 撮影:2007年4月29日)
  1. 2007/05/10(木) 22:00:00|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アマサギ







今年も田んぼにアマサギがやって来た。レンゲ畑に降りてくれないかと念じ続けていたら、3年目にしてようやく願いがかなった。欲を言えば、もう少しいい時間帯、いい場所だったらと思うが仕方ない。今はもう田おこしが終わってレンゲはない。アマサギもほんの数日滞在しただけで、どこかへ旅立ってしまった。

(D2X Nikkor600mmF4D 上はトリミング 撮影:2007年4月28,29日)
  1. 2007/05/09(水) 22:00:00|
  2. ペリカン目サギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コチドリ





近所の田んぼに真っ先に渡ってくる夏鳥はコチドリに違いない。ピオーピオーという澄んだ声に季節の変化を感じる。

(D2X Nikkor600mmF4D 下はトリミング 撮影:2007年4月28,29日)
  1. 2007/05/08(火) 22:00:00|
  2. チドリ目チドリ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠るタシギ、餌採るクサシギ



早起きは三文の徳。田んぼの真ん中で眠るタシギを発見した。普段、近所の田んぼで見る鳥は限られていて、ポピュラーなタシギでさえ渡りの時期の大切なお客さんだ。



この時期の田は、レンゲの咲いたもの、おこしたばかりのもの、水が入ったものと、バラエティに富んでいる。夏の装いに着替えたクサシギが、水を張った田でイトミミズを捉えた。

(D2X Nikkor600mmF4D 下はトリミング 撮影:2007年4月29日)
  1. 2007/05/07(月) 22:00:00|
  2. チドリ目シギ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝の田んぼ





子供との約束で朝9時のスーパー開店に間に合うように帰宅しなければならなかった。林道まで往復する時間はない。それで、珍しく朝の田んぼへ。夕刻に回る時とは全く違う表情を朝の田は見せてくれる。東の空から射す光線も原因の一つだが、最も違うのが写真の朝露だろう。レンゲ畑もペンペングサも一味違う。


(EOS5D TAMRON90mmF2.8(上)、EF300mmF4L/IS+EF1.4XⅡ(下) 撮影:2007年4月29日)
  1. 2007/05/06(日) 22:00:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

轍で水浴び





林道の轍に水溜りができていた。近くの枝にシジュウカラが止まったので、立ち止まりじっとしていると、思ったとおり水溜りに入って水浴びを始めた。こんなところで水浴びしたらドロドロになるんじゃないかと心配になって、鳥が飛び立った後を覗いてみたら、水は意外にも澄んでいた。鳥は状況をよく見ている。

(D2X Nikkor500mmF4P トリミング 撮影:2007年4月28日)
  1. 2007/05/05(土) 22:00:00|
  2. スズメ目シジュウカラ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ギンリョウソウ





去年と同じ場所でギンリョウソウの姿を探す。落ち葉の間から首をもたげた白い植物がちらほら。ムーミン谷のニョロニョロのように群生していた昨春と違って、今年はところどころにしか見つけられない。時期が早かったのか、それとも条件が悪かったのか。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8 撮影:2007年4月28日)
  1. 2007/05/04(金) 22:00:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チゴユリ



林道の端にしゃがんでマクロレンズを構えていると、山菜取りの三人組から「何を撮っているんですか?」と尋ねられた。「花です」と答えると、花を見るなり「まあ、チゴユリ!」。去年の春、ここではあまり発見することができなかったチゴユリが今年は沢山咲いている。植物にも条件のよい年とそうでない年があるに違いない。

(EOS5D TAMRON90mmF2.8 撮影:2007年4月28日)
  1. 2007/05/03(木) 22:00:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チヨチヨビー



「チヨチヨビー」。小鳥が枝から枝へと渡りながら、大きな声で囀っている。センダイムシクイ。そろそろ縄張りを確保しようとしているらしく、追いかけあう二羽を時折見かける。葉が茂れば声しか聞こえなくなる小鳥たちを、今のうちに観察しておきたいと、気ばかり焦る毎日。

(D2X Nikkor500mmF4P トリミング 撮影:2007年4月28日)
  1. 2007/05/02(水) 22:00:00|
  2. スズメ目ムシクイ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kazuma-n

Author:kazuma-n
朝が苦手な私です。ノルマを課さなきゃ起きられない。そんなわけで「午後の鳥見」脱却を目指して「朝の鳥見」ブログ開設です!・・・と勢いよくブログを作ったのに、後が続きませんでした(;;)。朝も夕も在庫の写真も、全部ここでご覧下さい。
なお、ホームページ本体はこちら!
http://www.asahi-net.or.jp/~jx7k-nkt


最近の記事

最近のコメント

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2007年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する