Daily Gallery?~朝の鳥見、午後の鳥見

キノコ観察会(ホウライタケの仲間)



キノコ観察会で気になったキノコのつづき。ホウライタケの仲間だ。画面下の方にコシャコシャ生えているのを根状菌糸束というらしい。木肌に産毛のように生えているこのキノコも、自力では見つけられなかった。

(D800 TAMRON90mmF2.8 撮影:2012年10月28日)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/30(金) 22:42:30|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キノコ観察会(チチショウロ)



キノコ観察会終了後、気になったキノコを撮影して回る。中に栗餡が入った饅頭のようなチチショウロは、まず撮りに行った一種。いつも歩いている道に沢山生えて(というより転がってという表現が似合うのだが)いたのに何故、今まで気がつかなかったのか。専門家と沢山の観察者の力に感心すると共に、自分の観察眼のなさに呆れてしまう。

(D800 COLORSKOPAR20mmF3.5+クローズアップレンズNo.3 撮影:2012年10月28日)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/29(木) 22:37:29|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒキガエルの散歩



121028hikigaeru_filtered.jpg

雨の日に行われたキノコ観察会。自由散策時間にいつもお世話になっている公園職員さんがヒキガエルを見つけて教えてくれた。カエルは丁度、木の股を越えようとしていたところ。あまりに動きが遅いので、少し目を離していたら、いつの間にか反対側に抜けていた。いつも出会うのは夜ばかりだが、雨の日は昼間も動いているようだ。

(GX1 M.ZUIKO9-18mmF4-5.6 撮影:2012年10月28日)

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/28(水) 21:36:20|
  2. 両生類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マメホコリ



121103mamehokori_filtered.jpg

粘菌なんて、どこに行けば出会えるのだろう。学生時代の先輩に、粘菌の魅力を説かれて以来、気になる存在だった。出会ったのはいつもの公園。しかも、去年の秋、一時的に自動撮影装置を仕掛けた倒木だ。粘菌の名はマメホコリ。見つけた時にオレンジ色だったマメホコリは、翌週、すっかり色が変わっていた。

(D800 Micro Nikkor55mmF2.8S(上)、TAMRON90mmF2.8(下) 撮影:2012年10月27日(上)、11月3日(下))

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/27(火) 22:43:03|
  2. 粘菌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

交尾するヨモギハムシ



小学校に行くまでの道端に草が生い茂っていて、毎年、ヨモギにヨモギハムシがやってくる。音楽発表会の帰り道に撮っておこうと思っていたら、直前に除草されてしまった。(ああ、残念)、と思っていたら橋の上のコンクリートの隙間からひょろっと生えていたヨモギに沢山集まっていた。草むらから逃げてきたのだろう。写真は交尾中のヨモギハムシ。雌はお腹が卵でパンパンだ。

(D7000 TAMRON18-270mmF3.5-6.3Ⅱ トリミング 撮影:2012年10月27日)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/26(月) 21:39:29|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝のエノコログサ



エノコログサも朝露をまとう。クモの糸は、ここを起点に張ったものだろうか。

(D800 TAMRON90mmF2.8 撮影:2012年10月27日)

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/25(日) 20:33:09|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝露と虫



121027amebati_filtered.jpg

夜露に濡れていたアカトンボはどうなったろうと、翌朝、様子を見に行った。夜と同じ格好でじっとしている。全身、朝露にまみれている。太陽が昇り始めると、同じく草むらで眠っていたアメバチが目を覚ました。

(D800 TAMRON90mmF2.8 撮影:2012年10月27日)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/24(土) 20:36:38|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アラカシ酒場、最後のお客(スジクワガタ)



アラカシ酒場もほぼ閉店。最後まで残ったお客はスジクワガタだった。

(D800 TAMRON90mmF2.8 ストロボ2灯 撮影:2012年10月26日)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/23(金) 20:43:43|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜露に濡れて



秋が深まると、夜探に出かけても、出会う虫の種類はめっきり減ってしまう。枯草に止まったアカトンボは夜露に濡れていた。

(D800 TAMRON90mmF2.8 ストロボ2灯 トリミング 撮影:2012年10月26日)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/23(金) 00:42:19|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

胞子舞う



胞子舞うキノコ写真第二弾。倒木から生えた名も知らぬ小さなキノコ。背後からLEDライトを当てると胞子の舞いが浮かび上がった。こういうキノコを探していて分かったことは、胞子を沢山発散している個体に出会わなければどうにもならないことと、風が強くてもどうにもならないこと。一筋縄ではいかない。

(D800 TAMRON90mmF2.8 LEDライト 撮影:2012年10月21日)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/21(水) 21:37:16|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

遠くを見るリスアカネ



その昔、嶋田忠さんや吉野俊幸さんの野鳥写真に、小鳥が少し上を向いて遠くを見つめている印象的なカットがあった。自分もそんな写真を撮ってみたいという思いは、いつしか習慣にまでなってしまって、今では被写体さえ問わなくなっているのだなあと、リスアカネを撮りながら自覚した。

(D800 TAMRON90mmF2.8 撮影:2012年10月21日)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/20(火) 21:56:14|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森のスポットライト(コナラ)



木漏れ日の中、コナラのドングリが一つ転がっていた。この秋、いつもの公園はコナラが豊作だ。

(D800 TAMRON90mmF2.8 撮影:2012年10月21日)

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/19(月) 21:06:44|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

裏を撮れども



121021kinokosp03_filtered.jpg

121021sirourokoturutake_filtered.jpg

先生の指導を受けずとも、裏の撮れるキノコは撮っていた。しかし、写真を後で見ても、何の種類だかさっぱり分からない。1週間後のキノコ観察会、専門家の先生曰く、「写真を撮っても、キノコは分かりません!実物を持って帰って、調べるんです」。ああ、キノコの世界には入っていけないかもと思った瞬間だった。

(D800 COLORSKOPAR20mmF3.5(1,3枚目)、TAMRON90mmF2.8(2枚目)撮影:2012年10月21日)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/18(日) 22:33:57|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キノコ探し


チャツムタケ

121020kinokosp_filtered.jpg
テングタケの仲間(幼菌)

この秋は、キノコを探している。上の写真を撮った一週間後、キノコの専門家をお招きし、自然観察会のボランティアスタッフを対象としたキノコ観察会が開かれた。「キノコを撮るときは裏を撮れ」。それが先生の教え。裏をとるのが大事なのは事実関係だけでなく、キノコにも当てはまるらしい。1枚目の写真は、あとから裏が確認できたからよかったようなものの、この写真だけでは名前がわからなかったに違いない。

(D800 Nikkor10.5mmF2.8+kenko1.5×Teleplus(上)、TAMRON90mmF2.8(下) 撮影:2012年10月20日)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/18(日) 21:57:54|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

カメラ目線(タヌキ)



自動撮影装置2号機の前にタヌキの姿。夏とは変わって、毛が長くなってきた。

(D300s Nikkor35mmF2 ストロボ2灯 撮影:2012年10月18日)

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/16(金) 19:58:25|
  2. 哺乳類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オシロイタケの胞子舞う



121014osiroitake02_filtered.jpg

今年、最も刺激を受けた写真絵本に、埴沙萠「きのこ ふわり胞子の舞」がある。キノコが発散する胞子を写しとめたものだ。いつもの森の中、松の立ち枯れにオシロイダケがあった。見よう見まねでLEDライトを照らしてみる。「おおお・・・」。本当だ、本当に胞子が舞っている!

(D800 TAMRON90mmF2.8 LEDライト 撮影:2012年10月14日)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/15(木) 22:24:49|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

チャワンタケの仲間



キノコを探していつもの公園を子供たちとウロウロ。なかなか見つからず困っていたら、長男がこの風変りなキノコを見つけた。後日、キノコ観察会で専門の先生にみてもらったところ、チャワンダケの仲間ということだった。茶碗というより耳たぶのような。

(D800 Nikkor10.5mmF2.8+Kenko1.5×Teleplus ストロボ トリミング 撮影:2012年10月14日)

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/14(水) 22:06:33|
  2. キノコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋の花(キンモクセイ、イヌタデ)


キンモクセイ

121014inutade_filtered.jpg
イヌタデ

たった1ヶ月前の写真なのに、すっかり季節が進んでしまって時期外れのアップ。この花々、しおれた今はどんな風になっているのだろう。

(D800 TAMRON90mmF2.8 撮影:2012年10月14日)

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/13(火) 20:32:36|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セイタカアワダチソウに来たハラナガツチバチ



今はもう盛りを過ぎてしまったが、満開のセイタカアワダチソウには虫が集まる。写真はハラナガツチバチ。花粉で全身黄色くなっている。

(D800 NIKKOR70-300mmF4.5-5.6G トリミング 撮影:2012年10月14日)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/12(月) 22:52:33|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イガグリころころ



この秋は、クリとコナラが豊作だ。雑木林を歩けばコロコロと転がっている。

(D7000 Nikkor10.5mmF2.8+Kenko1.5×Teleplus 撮影:2012年10月13日)

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/12(月) 22:49:14|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠る、隠れる(ウラギンシジミ、ササキリモドキ)


ウラギンシジミ

121012sasakirimodoki_filtered.jpg
ササキリモドキ

去年、ウラギンシジミがねぐらにしていたアラカシの木を覗いてみると、今年も同じように寝ていたのには驚いた。まさか同じチョウのはずはないから、この種類はこの木を好んでねぐらにする性格なのだろう。
柿の木には、小さなササキリの仲間。いつもこの仲間を見かけるのは草むらなので、これは違う種類に違いないと、帰宅し図鑑で調べると、やはりササキリモドキという初めて見る(いや、初めて識別するという方が正確だろう)種類だった。こうしてシーズン終盤にはなんとなく同じ虫、違う虫が見分けられるようになっているのに、1年経てばすっかり忘れて、またやり直しというのが悔しい。

(D7000 SIGMA17-70mmF2.8-4.5 ストロボ2灯 トリミング 撮影:2012年10月12日)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/11(日) 20:56:10|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

走れ走れ(テン)



自動撮影装置の前を飛び跳ねるように通り過ぎようとしているのはテン。残念ながら上半身しか写らなかった。横顔は真っ黒で、10月のこに頃はまだまだ夏の毛だった。

(D300s Nikkor35mmF2 ストロボ2灯 撮影:2012年10月12日)

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/11(日) 00:35:16|
  2. 哺乳類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひょっこり(クロツグミ)



自動撮影装置は昼間も動いているから、時々、鳥も写る。この日のお客さんは雄のクロツグミ。画面右下にひょっこり顔を出している。

(D300s Nikkor35mmF2 ストロボ2灯 撮影:2012年10月12日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/11(日) 00:32:27|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰り道



ノビタキを観察した帰り道の空。秋の日はつるべ落とし、大して焼けもせず、闇が押し寄せる。

(D800 SIGMA12-24mmF4.5-5.6Ⅱ 撮影:2012年10月9日)

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/09(金) 20:42:22|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さく写す



121009nobitaki03_filtered.jpg

3600万画素という新しいカメラを手に入れた時、「ああ、これで小さく鳥を写せる」と思った。たとえば豆畑のノビタキなら、上のような感じ。上の写真がノートリミングで、下の写真がいつもこのブログに掲載する程度に鳥の大きさがなるようトリミングしたもの。心配していた旧式レンズとの相性も悪くはない。

(D800 Nikkor600mmF4D 下はトリミング 撮影:2012年10月9日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/09(金) 00:47:54|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豆畑のノビタキ



今日の写真は畦豆でなく、本当の豆畑で見つけたノビタキ。そのうち入るだろうと見当をつけていた場所だ。写真は1.5倍のクロップ撮影(1500万画素くらい?)。使ってみるとD800は、カメラ2台が1台に入っている感じがする。

(D800 Nikkor600mmF4D クロップ×1.5 撮影:2012年10月9日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/07(水) 21:59:08|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畦豆にノビタキ



近所の田んぼでは、畦に豆が植えられている。そこは旅のノビタキにとって、よい止まり木。ここを発射台にして、虫の待つ刈り取りの終わっていない田んぼに向かって突撃する。

(D800 Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2012年10月9日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/06(火) 21:32:37|
  2. スズメ目ヒタキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ススキにホオジロ



ススキに小鳥が止まった。ノビタキかと思いきや、よく見ればホオジロだった。

(D800 Nikkor600mmF4D トリミング 撮影:2012年10月9日)

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/05(月) 21:50:13|
  2. スズメ目ホオジロ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色違い



けやき台小3年生対象の環境学習の際に子供たちが見つけた小さなトノサマガエル。色違いの2匹が岩の上に座っていた。夏の長い間、水が枯れていたこの流れの、どこに彼らは潜んでいたのだろう。

(D7000 TAMRON18-270mmF3.5-6.3Ⅱ トリミング 撮影:2012年10月9日)

テーマ:動物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/04(日) 21:04:05|
  2. 両生類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来年の宿題



冷え込みが厳しくなって、さすがに鳴く虫の声が減った。秋の夜探では、鳴く虫を中心に撮影に臨んでいるのだが、今年もやはり沢山撮りこぼした。姿だけなら何とかなっても、鳴いている場面となると結構難しい。写真のモリオカメコオロギも、結局鳴いているシーンは撮れなかった。また来年の宿題だ。

(D7000 TAMRON90mmF2.8 ストロボ2灯 撮影:2012年10月7日)

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/03(土) 22:41:21|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kazuma-n

Author:kazuma-n
朝が苦手な私です。ノルマを課さなきゃ起きられない。そんなわけで「午後の鳥見」脱却を目指して「朝の鳥見」ブログ開設です!・・・と勢いよくブログを作ったのに、後が続きませんでした(;;)。朝も夕も在庫の写真も、全部ここでご覧下さい。
なお、ホームページ本体はこちら!
http://www.asahi-net.or.jp/~jx7k-nkt


最近の記事

最近のコメント

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ツイッター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する